春麗を愛でるブログ、あとカプコン格闘関連とか。

【ストⅤへの道④】ストⅢじゃなかった?!NEXT GENERATIONのひみつ!!

ストリートファイターの歴史を振り返る不定期シリーズ!
今回はストリートファイターⅢの話をしましょう!!!
alexs.png

ストリートファイターⅡから6年後(!)、
ようやく登場した直系の続編!!

Alex-ts-stance.gif
Elena-ts-stance.gif

秒間24コマのフルアニメーション!
ヴァンパイアシリーズすら超える
とんでもないグラフィック枚数!
一枚一枚のイラストレーションのような緻密さ!
それまでも「ゲーム会社の作る絵、アニメーション」の枠を
飛び越えていたカプコンであったが
ストⅢはさらにそれを凌駕する作品だった!!

「ストⅡの続編だからカプコン気合入ってんな!!
でもこれプレステにもサターンにも移植出来ねーぞ!!と
当時の人々は思ったものである。

が、ストリートファイターⅢは
もともとはストリートファイターシリーズではなかったのだ!
信じられない話だが本当なのである!!
sukyan003.jpg

打倒ストリートファイターⅡ!!
ストリートファイターとは全く別のシリーズとして
開発が進んでいた!!
(カプコン刊「ストリートファイター✕鉄拳アートワークス」より)
彼らが「次代の子」となるには
とてつもなく曲がりくねった道筋があったのである。
■順を追って話そう。

★おそらく1992年
ストリートファイターⅡ~Ⅱ’を作った天才企画マン
西谷亮さん(NINさん)に次回作の打診。
(※ストⅡTURBO以降は船水紀孝さんがメイン)
「ストリートファイターⅢとXメンどちらが作りたい?」
ここで西谷さんはXメンを選択。
sukyan002.jpg

ここで西谷さんがストⅢを選んでいたら
後のストリートファイターの歴史は全て変わっていただろうし、
MARVEL系やVSシリーズも生まれなかったかもしれない。
ストⅢは超ヒット作のストⅡの続編なのに
メイン企画マンが違うのはまずこれが原因となる。
参考:竹書房刊「XMEN 公式ガイドブック」)

★1993年
スーパーストリートファイターⅡ、稼働。
カプコンの新アーケード基板「CPシステム2」の
第一弾となる。
cps2.jpg
格闘ゲームの他にも
ベルトフロア系アクションやクイズ、シューティングなど
幅広いジャンルのゲームに使用された。

★1994年
春にスーパーストリートファイターⅡXが稼働。
ストⅡシリーズが完結する(一応)。劇場版アニメも公開。

春「ネクスト・ジェネレーション」(仮)企画開始
(※電波新聞社「All ABOUT ストリートファイターⅢ」より)
ここから3年かかっているので
おおよそ2年で開発するカプコン格闘の中では難産だったことがわかる。
ただしオブジェクト(キャラクターのドット絵師)の人々は
森さん スパⅡキャミィ→ヴァンパイアモリガン→ストⅢエレナ
千本さん MSHキャプテンアメリカ→ストⅢダッドリー(途中から)
…というようにかなり多数の作品を渡り歩いているので
ストⅢだけにかかりきりだったわけでは…ない。

夏にヴァンパイア、冬にXメンが稼働。
西谷さんや船水さんには「ヴァンパイアやXメンが
ストⅢのつもりだった」という発言がある。

ヴァンパイアにしろXメンにしろ
格闘ゲームの進化形を作ったのは間違いないが
当時のファンの頭には疑問符が浮かぶ発言であった。
あれだけ超ヒットしたのにⅢは作らないの??
リュウや春麗やザンギエフは?

しかしストⅡがストⅠのリメイクであったとしたら
大ヒットになることはなかったであろうし、
過去のキャラクターをリメイクするよりも
新しいキャラクターやゲームを創造していくべきだ!
キャラとゲーム性は不可分だから
新しいゲームには新しいキャラが自然だ、という考え方だったのかも。

ただストⅡシリーズが完結し、ヴァンパイアなどのリリース後になり
あらためてストリートファイターシリーズの人気が
注目されることになった。
SNK社のKOF94などと比較して「やっぱり人間のキャラでないと」と
言われることが多かったのだ。

ヴァンパイアシリーズ信者の筆者としては悔しいのだが
日本はともかく、ヴァンパイアは欧米で今ひとつ刺さらなかった。
XMENは逆に欧米は良く、日本では反応が鈍かった。
(みんなスパⅡXで遊びすぎだったせいもある、というか
半分くらいそのせいじゃないだろうか;)
ストリートファイターZEROが急遽開発されることになったのも
その辺と無関係ではないのだろう。

★1995年
ストリートファイターZERO、稼働。
非常に開発期間が短かったタイトルだそうである。
半年もなかったというか三ヶ月くらいとか
恐ろしい数字を聞く;

ネクスト・ジェネレーション(仮)の開発が
本格始動したのは95年初頭だと言われる。
(※電波新聞社「ALL ABOUT ストリートファイターⅢ」)
つまり同時期にストZERO、ネクスト・ジェネレーション(ストⅢ)、
ついでにストリートファイターMOVIEも開発されていたわけだ。



(1)電波新聞社刊「All ABOUT ストリートファイターZERO」にて
ネクスト・ジェネレーション(仮)の名前が発表。
当時はストⅢではない、と明言。

(2)あきまんさんの証言




あきまんさんは各所でストⅢにリュウ、ケンを入れた人として
名前が上がっているが、彼らが入ることになったのは
どうもこの時期らしい。
Ryu_and_ken_hadoken_double_hit.gif
あきまんさんがいなかったらストⅢにリュウケンはいなかった!!

「ストⅢはリュウケン以外を入れ替えた」、と言われがちであるが
実際には無関係なシリーズにリュウケンが合流し
ストⅢとなったわけだ。


ストⅢ初代のキャラクターはほとんどあきまんさんデザインなので、
あきまんさんが後で入ったとなると
もう以前がどうだったのかわからないなコレ??
sukyan004.jpg
ストⅢシークレットファイルに出てくる「没キャラ」さえ
あきまんさんの絵にしか見えないのが多いのに。
どうもこの時期までCPS2で作っていて
あきまんさんが入ったあたりでCPS3基板になったようだ。

しかしこのネクスト・ジェネレーション(仮)、
ストリートファイターではなかった時期は
本当に不思議なタイトルになる。
マッスルボマーの「プロレス」
ヴァンパイアの「モンスター」
ジャスティス学園の「学園モノ」というような特徴がないのだ。
ストリートファイターではないのにストリートファイターっぽい。
なんのネクストなのかわからない。
しいていうなら「かっこよさ」が特徴だったのだろうか。
たとえば「魔法少女モノ」や「動物モノ」だったら
いくらなんでもストⅢになることはなかったはずだ。

(3)現バイキングの尾畑心一朗さんの証言




ストⅢのメイン企画マンは貞本友思さん(※)であるため
内部ではサダゲーと呼ばれていた!
(※他にキングオブ・ザドラゴンズ、D&Dタワーオブドゥームなど)

★1996年
ストZERO2大人気、
またスターグラディエーターやストEXで3D格闘にも
名乗りを上げた年。後の柱となる、バイオハザードも誕生。

(1)リクルート社発行のゲーム雑誌じゅげむ
(記事の切り抜きしか残ってないが春の号)にて
当時のボス、岡本吉起さんのインタヴュー。
「ストリートファイターⅢは3Dになるのか?」
sukyan005.jpg

・究極の2D「ストリートファイターⅢ」
 ヴァンパイアの倍以上のアニメーション
・ポリゴンのコードネーム「ストリートファイター3D」と
 2Dアニメーションのコードネーム「ストリートファイターNG」を
 作ったが、2Dの方が勝ち残った。表現力の差。
ストⅡキャラは登場しない
・全員が全員かっこいい。
 どいつもヒーローって感じ

…という発言がある。全員美形になるのかと筆者は非常に恐ろしかった。
この時社内コンペティションでストⅢの座を争った
「ストリートファイター3D」が
秋発売されるストリートファイターEXになるのではないかと
思われるのだが、詳細は不明。

発売の前年に至っても
まだ「ストⅡキャラは出ない」と言われているのも恐ろしい。
あきまんさんがリュウケンを認めさせるまで案外時間が
かかったのであろうか。
岡本さんはストⅡにリュウが出るのにも反対だったそうなので
リュウケンがいないストⅢもアリだったのかもしれない。

(2)電波新聞社刊「All ABOUT ストリートファイターZERO2」にて
船水さんによりネクスト・ジェネレーション(仮)が
ストⅢになったことが語られる。
ALL ABOUTストⅢによると「アニメーションとかに力を入れて
イチからやり直した新しいストリートファイターが作りたかった。
本当はあまり『Ⅲ』って付けたくなかったんですが
世間と会社の圧力に負けて、’96年の夏くらいから
『Ⅲ』に名前を変えました。『Ⅲ』を作っておかないと、
また「『Ⅲ』は?」って言われ続けて大変ですから」


(3)日本テレビ系バラエティ「生でダラダラいかせて」の企画で
カプコンでストリートファイターのキャラを作る!!というものがあり
初めての姿を現す。

14:40参照!

秋、ウォーザードで
新基板CPシステム3が稼働。
cps3dayo.jpg
媒体がCDROMになったので容量の問題が解消!!
しかし機械的・電気的に衝撃に弱く、扱いが難しいため
CPS2ほど普及しなかった。
ストⅢのために生まれたような基板であった。

★1997年
そして打倒ストリートファイターを志していたタイトルは
ストリートファイターの正統続編として誕生する!
ネクスト…ではなく
ニュージェネレーションだ!
sf3.gif

数奇な運命といわざるをえない!
後の名作ストリートファイターⅢ 3rdstrikeに至っては
シリーズを打倒どころか、Ⅳまでの長い期間、
そして今に至ってもシリーズの火をつなぐことになるのだから。

■ストⅢはストⅡをしのぐ大ヒット作にはなりえなかったが
限界を超えた2Dへの挑戦は
この当時でしか極められなかった高みであろうし
グラフィック枚数がなければ成り立たないブロッキングとともに
アナログな判定を突き詰めたらどうなるのか?を
我々に体験させてくれた。
いわば2Dを極めしモノ!

B7kDVF2CcAAY0XL.jpg
伝説の誤植が有名なコマ(涙)ですが
ニュージェネレーションとルビを振りつつ
次代の、next generationと通じる言葉を使ってるのがニクいですね。




過去の
【ストリートファイターⅤへの道①】ストⅣ初期の話をしよう!
【ストⅤへの道②】ナッシュ中尉の激動の人生!!
【ストⅤへの道③】ストⅣの消えたシステムの謎

トラックバックURL:http://impatiens.blog123.fc2.com/tb.php/3176-6f8b8632

プロフィール

イオ

Author:イオ
メモ
8/22
Games Con

8/30
ストリートファイター
(無印)稼働から30周年!
ストⅤにログインすると
3万FMらしい?

FC2カウンター

080913設置

ツイッター

カテゴリー

ブログ内検索