春麗を愛でるブログ、あとカプコン格闘関連とか。

【ストⅤへの道⑦】エイプリルフールの剛拳

■ストリートファイターの歴史を振り返る
不定期シリーズ!
APRILGouken.jpg


今回はリュウやケンの師匠、
剛拳について語りたいと思います!!
この人、本当にエイプリルフールと縁が深いんですよ!

【追記】
■その誕生、以前の死
ストリートファイターⅠの頃、ゲーメストに載ったマンガでは
リュウ、ケンの師匠はサガットに殺されていたそうである。
名前は無頼?


この設定はストⅡ時代にすでになくなっている上
ゲーメストでもほとんど振り返られることはなかった気がする。


■その誕生
ストリートファイターⅡを原作とした
神崎正臣先生のマンガ「STREET FIGHTERⅡRYU」にて
「リュウ・ケンの師匠」が必要となり
そのためにラフデザインが起こされます。
りょうさんのツイップルから
※このラフデザイン画は徳間書店の単行本の方にしか
入ってないです。

これもあきまんさん。
天狗の面をかぶって弟子の寝込みを襲うという
謎の設定書き込みありw
goukenwd.jpg
ウルⅣのアニマルコスで天狗なのは
これが理由なのかも。

Vegagouken.png
話は戻って、神崎先生のマンガではこんな感じに。
今と比べると若々しい。あとでかいw
IMG_3330.jpg

けど言ってることは深いのです。
強さを追い求めた先にあるのは相手の死、であることに
虚しさを感じている人物。(※この漫画は豪鬼&殺意の波動が
登場する前に描かれています!!)
IMG_3328.jpg
この問いかけが中平正彦先生にRYU FINALを描かせたんじゃないかとか
思ったりもする。(タイトルも似てるし??)

■その死(1)
この剛拳先生はベガに殺されます。
つまり漫画内ではベガはリュウの師匠の仇でした。
ストⅡメディアミックスではリュウとベガの無関係を
どうにかするためになにか新設定を足すことが多いですね。

一方、海外では…


■シェンロンを破らぬ限りお前に勝ち目はない!!
リュウを代表する勝ちセリフ「昇竜拳を破らぬ限り
お前に勝ち目はない!」が英語では誤訳され
こうなってます。
Streetfighter2_shenglong.png
You must defeat Sheng Long to stand a chance.
「シェンロンを倒さないと見込みねえな!!」

「シェンロンって誰だ?」「リュウの師匠じゃね?」って言われる事態に。
(シェンロンは昇竜の中国語読み。)
なぜか師匠を前座あつかいするリュウ。ひどい。

日本語原文を訳すと
If you cannot overcome the Rising Dragon Fist, you cannot win!
となる(らしい)。

■エイプリルフール!
egm92.jpg
92年には海外のゲーム誌EGMにて
「シェンロンが隠しキャラで登場するぞ!!」なんて
ウソがエイプリルフール企画にて掲載。

ベガまでの11人で9回引き分けになると
リュウの師匠シェンロンが登場するぞ!!
ベガを投げ飛ばして登場とか後の豪鬼そっくりなんですけど…w
■オフィシャルに編入
gouken_goutetsu.jpg
スーパーストリートファイターⅡXに豪鬼が登場し
暗殺拳の流派について公式設定が作られ、
リュウケンの師匠として剛拳は正式に設定に組み込まれました。
ここでおおよそ現在のイメージに。
白髪になったのは神埼版のデザインに
EGMのエイプリルフールの絵から特徴を足したようにも見えますね…。

剛拳と豪鬼は兄・弟。
当時の設定では暗殺拳の師である轟鉄が(画像右)
豪鬼に殺害されている。

■お墓参り
IMG_3331.jpg
伊藤真美先生の漫画
SUPER STREETFIGHTERⅡX外伝などもそうですが
リュウケンの師匠は亡くなっているというのが
この時代からストⅣまで常識でした。
具体的な死因には触れられてない事が多い。

■その死(2)
ストゼロのバックストーリーではベガに対し
波動の力を悟られないために
波動なしで戦い、敗れたという設定になっている。
轟鉄と剛拳、ベガ
ただし同じストゼロ1時代の豪鬼エンディングでは豪鬼が倒した扱いになっている。
また殺意リュウも豪鬼を師匠の仇だと思ってるような
セリフも存在する。
ベガに殺されたのか豪鬼に殺されたかどっち?ってなったのがこの辺りから。

■5年後のエイプリルフール
ストⅢ(1作目)が登場直後の97年の
エイプリルフール。ストⅢ2ndで豪鬼が出る前ですね。
egm97.jpg
肩に天の文字。
波動拳連射!!
スーパーアーツは電刃昇竜拳だ!!
EGM、またお前かー!!

■その死(3)
中平正彦先生のストⅢ漫画「RYU FINAL」にて
剛拳が豪鬼と対決して死亡、という物語が描かれる。
(剛拳の自爆に近い)
IMG_3336.jpg

IMG_3337.jpg
ここで豪鬼は剛拳から数珠を奪い
我々の知ってるストⅡの豪鬼になる、という
パズルめいた展開が面白い。
(長髪なのは数珠がないのを目立たせないための仕込みだと思う)
もともとの豪鬼&剛拳のデザインから逆算して
それ以前の豪鬼の姿と物語を作ってるんです。
ストⅣで数珠してないのはこの辺が元ネタ?

■その若き日
海外資本、日本製作で作られたアニメ
ストリートファイターALPHA GENERATIONSには
若き日の剛拳・豪鬼が登場
Gouken_(Joven)2.jpg
最近作られた実写ムービーASSASSIN'S FISTも同様ですが
弟の豪鬼の方がヒロインにモテるという悲しみを背負っている。
もうエロ本でも読むしかないね!!
erohon.jpg

■そのウソホント
2008年までの剛拳というのは
春麗の父親のような「過去設定のキャラクター」に
過ぎなかったのです。
goukenesf4.jpg
出してくれ!!というファンはいても時代設定を大幅に巻き戻さないと
出すことは出来なかった。(上の画像はストⅣ発表直後の記事)

「特殊条件キャラクター!」 プロジェクトマネージャー:塩沢夏希
そしてアーケード版ストⅣもまだ出ていない08年のエイプリルフール。
この時点ではウソネタ扱いでしたが
そのウソネタ扱いこそがウソでして

この半年後アーケードの隠しキャラクターとして登場します。
実にEGMから数えて16年めに本当になりました!!
名前はシェンロンでなく(海外も)剛拳になったけどね!

剛拳先生には誕生日設定がないけど
4月1日生まれでいいんじゃないかな?と思う!!
しかし特技の「釣り」がウソ記事とかで釣る方に思えてしまうなぁw

ストリートファイターⅣは時代設定にこだわらず
様々な時代のキャラクターを共演させましたが
(ZEROとⅢだと本来10年近く時代が違う)、
その最たるものが剛拳先生だった気がします。

■復活!!
ストⅣにて本当になにげなく復活したために
多くのファンは混乱しました。
単純にポッと出の新キャラとして師匠が出たのではなく
それまでの漫画などからインスパイアされた上で
その物語を否定するような形で出てきたので、
わけがわからない!!というのが正直なところ。
長い間意識不明だったので死んだと思われていたという
よくわからない設定にも参ります。
遺体はどこへ行ったい?ってなりそうなもんですけど。

ちなみに、神崎正臣先生はストⅣの剛拳復活に合わせて
ストリートファイターアートコミックアンソロジーにて
「RYU after~復活~」を描いています。(短編)
ここでリュウはさくらに「殺意の波動をまともに受けて…
遺体もないんだよ…」と語っています。
つまりリュウ達は昏倒してる師匠をどうしても見つけられなかったので
「遺体はない」と思うしかなかったと。
納得できる解釈だ。なんで生きてたかは謎ですが。
関連:ストリートファイター年表 198X年 剛拳vs豪鬼
ストⅣのムービーでは元気に弟子たちの旅立ちを見送ってます。

■過去と未来の
暗殺拳を格闘技として使う剛拳は
弟子のリュウと非常にかぶる人物です。
Ⅳまで出られなかった最大の理由はそれだと思う。
主人公のやるべきことがなくなってしまう。

剛拳の声優さんはストⅢ3rdのリュウと同じ声優・大川透さんだったり
「真昇竜拳」「電刃波動拳」など
それまでリュウのオリジナルだったはずの技
使ったりするあたり、Ⅳでは必要以上に(Ⅲの)リュウに重ねている気がします。
だから剛拳って、「老けたリュウ」「悟ったリュウ」が
コンセプトだったりするんじゃないかと思うんですよ。
当身技の金剛身はブロッキングのかわりということで…w

ストⅣを作る際、シリーズに流れた時間相応に
「成長したリュウを作りたいな」っていう
思いがあったんじゃないでしょうか?
ストⅣの没デザインの中には
殺意の波動を封じたリュウ、なんてのもあります。
IMG_3340.jpg
これは剛拳先生似ですよね。

妄想話で「次回作ラスボスはRYU FINALのように
真の格闘家になったリュウ」とか
みんな話すと思うんですけど、
そういう要素が剛拳の中には入ってると思うんですよね。
過去の人物のようであり、リュウの未来図のようでもある。

RYUFINALでも最終回に真の格闘家となったリュウが
登場しますが、その胸の傷はなぜか
ストⅣでは殺意リュウに引き継がれています。

成長したリュウを描きたいけど
それはストリートファイターの物語の終わりを意味するのではないか?
ということで描かれなかったものが
少しずつズらして剛拳や殺意リュウになったんじゃないでしょうか?
いや全く証拠はない話ですが!


【ストリートファイターⅤへの道①】ストⅣ初期の話をしよう!
【ストⅤへの道②】ナッシュ中尉の激動の人生!!
【ストⅤへの道③】ストⅣの消えたシステムの謎
【ストⅤへの道④】ストⅢじゃなかった?!NEXT GENERATIONのひみつ!!
【ストⅤへの道⑤】開発期間ZERO年、ZEROヶ月、3週間!!!
【ストⅤへの道⑥】豪鬼誕生

トラックバックURL:http://impatiens.blog123.fc2.com/tb.php/3278-e3ee34cd

プロフィール

イオ

Author:イオ
夏コミ金曜日
ヌ14b

7月15~17日
evo2017

7月21~24日
SDCC
(サンディエゴ
コミック
コンベンション)

FC2カウンター

080913設置

ツイッター

カテゴリー

ブログ内検索