春麗を愛でるブログ、あとカプコン格闘関連とか。

ウメハラ選手の深い話

BeasTVにてウメハラ選手が行った
格闘ゲームの調整の歴史の話。
ストⅤのシーズン2にからめてとても
興味深い内容を語られています。
チゲ速さんが文章に起こしてるので
あわせてどうぞ。力作です。

ウメハラが語るゲーム作りとバランス調整の深い話『最も重視すべきなのは、
操作していて気持ちいい部分があること』『ストVシーズン2は強キャラを据え置くべきだった』


アーカイブ


その次にはふ~ど選手・ネモ選手も交えて
ストⅤはこうしていったらいいんじゃないかという話。
みなさん微妙に見てる方向が違うのが面白い。
ウメハラ、ふ~ど、ネモが語る格闘ゲームの調整『スト5はどうあるべきか?』
『技術介入度』『入力遅延』『キャラコンセプト』
『オンライン対戦』『Vシステム』『立ち回り』など


アーカイブ



■このバランスよりも
「操作してきもちいい」のが重要っていうのは
簡単に見えて全然そんなことない要求ですね。
本当にゲームらしい職人芸の世界になってくる。
ただ大味にするだけだったら誰にでも出来るけど
そういうものでもない。

■なんでバランスが壊れてても流行ったゲームがあったかというと
「そこに描かれてる世界が斬新で美しく、
レバーとボタンでもってその世界に触れるのが快感だったから」というのも
あると思います。
当時だってガチ勢だけでなかったのです。
画面を見るだけで1日過ごせる、なんて人もいたくらい
ヴィジュアルとキャラクターの魅力も飛び抜けていました。

ただ、斬新さ(特に新キャラの操作での新しさ)を発明するのが
難しいために格ゲーブームは長続きしなかったのかもしれませんね~。

トラックバックURL:http://impatiens.blog123.fc2.com/tb.php/4286-2e45136b

プロフィール

イオ

Author:イオ
ウルⅡがもうすぐ
発売ですが
SWITCH買えてない…

5月26日…
ウルトラ
ストリート
ファイターⅡ発売

6月14~16日
E3

7月15~17日
evo2017

7月21~24日
SDCC

FC2カウンター

080913設置

ツイッター

カテゴリー

ブログ内検索